工場の電気料金の値下げ・節約をサポートいたします。

工場電力ドットコム
tel 045-465-4257 fax 045-465-4258

TEL 045-465-4257
FAX 045-465-4258

簡単見積もりはこちらをクリック お問い合わせはこちらをクリック お問い合わせ(完全無料)はこちら

電力コラム » 工場・町工場

電気代が安くなるチャンス!工場や町工場と同様に電気代が下がりやすい業種

2018年3月13日 公開

カテゴリー:工場・町工場

工場電気ドットコム」では、工場や町工場の方を主な対象として、電気料金を安くする方法をご提案しております。電気料金を安くする方法は、ズバリ「新電力への切り替え」です。現在地方電力会社とご契約されている場合、新電力会社へ切り替えるとおおよそ10%程度の電気代の節約が見込めます。

でも電気代が安くなるのは、工場や町工場だけなのでしょうか?もちろんそんな事はございません。理屈としましては、現在工場などと同じように「高圧電気を利用」していて、更に「ピークの時間帯以外にあまり電気を使っていない」業種であれば、どこでも電気代を大幅に安くする事が可能です。

では工場や町工場以外で新電力へ切り替えることで、電気代を大幅に安くできるのは、一体どんな業種でしょうか?電気代が大幅に安くなる可能性のある4つを以下にまとめてみましたので、ご参考にしてください。

学校

工場以外で電気代が安くなる_学校

小学校や中学校、高校・大学・専門学校などの学校施設は、高圧電気を使っています。また電気を使うのが基本的に昼間だけ(中には夜間学校などもあります)ですし、また夏休みや冬休みなどの長期休暇もありますので、ピーク時の電力量と電気を使わない時の電力量の差が特に大きくなっています。つまり電気代の大幅な値下げを実現できる可能性が十分にあります。
もし学校関係者の方で高い電気代にお悩みの方がいらっしゃいましたら、是非ご相談ください。

各種アミューズメント・レジャー施設

工場以外で電気代が安くなる_レジャー施設

ゲームセンターやボーリング場、映画館やパチンコなどのレジャー関連の建物はやはり高圧電力を使っています。また工場や町工場・学校などと同様に、昼間は大量に電気を使いますが、夜中は電力をほとんど使わないので、ピーク時の電力と使わない時の電力の差が大きいと予想されます。ですので、工場や町工場同様に電気代の大幅な値下げが期待できます。

ただし最近は24時間営業のレジャー施設も増えてきております。このような場合、昼間と夜間の電力使用量にあまり差が無くなってしまうため、電気代の大幅な節約が見込めない可能性もあります。お問い合わせいただければ、詳しいお見積りなどをお出しいたしますので、少しでも電気代の節約を考えておられる方は、「工場電気ドットコム」にお問い合わせください。

病院(クリニック)

工場以外で電気代が安くなる_クリニック

いわゆる大型では無い、例えば開業医の方の小さな病院・クリニックなども、電気代が大幅に安くなる可能性があります。大病院は入院施設などがあるため、夜間でも電気を消費しています。結果として昼間と夜間の電気使用量にあまり差が生じません。しかし入院施設の無いような小さな病院ですと、昼間は電気を使いますが、夜間は電気を使わないという事がほとんどです。それであれば、工場や町工場同様に、電気料金の大幅な削減が期待できます。
もちろん高圧電気を利用していることが前提となります。

ただしクリニックであっても、ビルディングの一室を借りているような場合、このような場合は電気は、ビルディング側が電力会社と契約しているような事がほとんどですので、残念ですが電気代の削減は期待できません。ただし可能性が全く無いわけではありません。それは次に紹介する項目と関わってまいります。それは…

ビルディング・マンション

大きなビルディングやマンションなどの電気は、ほとんどが高圧電力を利用しています。ビルの中に24時間営業のテナントなどが多く入っている場合は別ですが、おそらくほとんどのテナントは、昼間仕事をして夜は帰ってしまわれるでしょう。またマンションなども、ほとんどが昼間電気を使って、夜中は電気を使わなくなってしまうと思います。ですので、電気料金が大幅に安くなることが出来る条件にあてはまってまいります。

ただし上にも書きましたが、ビルディングなどの電気は基本的にそのビルのオーナーが、各電力会社と契約しています。もし現在雑居ビルなどに入っていて電気代を節約したい、と思うのであれば、まずはビルのオーナーに話を聞いてみるのが、一番いいでしょう。上手く新電力に切り替えてもらえれば、電気代が今までより安くなる可能性があります。

ただし中には、新電力に切り替えているのに、その分の値下げを各テナントの電気料金に反映させないオーナーもいるかもしれません。実はもう電気代が安くなっているのに、今までと同じ高い電気代を支払っている、という事もあるかもしれませんね…?

最後に

いかがだったでしょうか?上の業種にあてはまりましたでしょうか?今回ご紹介したのは、あくまで「大幅な電気料金の値下げが期待できる」業種となります。そこまで大幅な値下げで無くても構わないのであれば、上にあげた業種で無くても可能です。
少しでも電気料金について気になったのであれば、お気軽に「工場電気ドットコム」までご連絡ください。無料にてお見積りをお出しいたします。


TEL:045-465-4257 FAX:045-465-4258

TEL 045-465-4257
FAX 045-465-4258

簡単見積もりのご依頼はこちらから メールでのお問い合わせはこちらから