工場の電気料金の値下げ・節約をサポートいたします。

工場電力ドットコム
tel 045-465-4257 fax 045-465-4258

TEL 045-465-4257
FAX 045-465-4258

簡単見積もりはこちらをクリック お問い合わせはこちらをクリック お問い合わせ(完全無料)はこちら

電力コラム » 発電方法

バイオマス発電について

2018年5月8日 公開

カテゴリー:発電方法

工場電気ドットコム」のコラムページでは、今までも様々な発電方法について書いてきました。今回はいわゆる「再生可能エネルギー」の中の「バイオマス発電」について、書いていきたいと思います。でも「バイオマス発電」というのは、あまり聞き慣れない言葉ですね。そもそも「バイオマス」とは何のことでしょうか?

バイオマス発電とは

バイオマス」とは、動植物等の生物から作り出される有機性のエネルギー資源のことを言います。例えば木くずや各種廃材、燃えるゴミ、サトウキビやトウモロコシなどから作られるバイオ燃料、生ゴミや家畜の糞尿から出てくるバイオガスなどなどです。ただし厳密には石油などの化石燃料も、動植物などから作られているのですが、そういった化石燃料は「バイオマス」には入りません。

バイオマス発電の仕組みですが、仕組み自体はいわゆる火力発電とほとんど変わりません。ただ燃料が石油では無く、バイオマスとなるだけです。バイオマスを直接燃やしたり、一旦ガス化したりして、燃焼させて発電に使うのです。

バイオマス発電の種類

バイオマス発電の種類

バイオマス発電は、燃料や燃焼方法などの違いによって、大きく3つに分けられます。

直接燃焼方式
まず一つ目が直接燃焼方式。これはバイオマス燃料を直接燃焼させて蒸気を作り出し、タービンを回すというものです。この方法には、主に木くずや各種廃材、森林を育成するために間引いた間伐材、生ゴミなどの可燃性のゴミなどが使われます。木くずや間伐材などは細かくすることで、燃焼効率を高めています。

熱分解ガス化方式
二つ目がこの熱分解ガス化方式となります。こちらも直接燃焼方式のように、木くずや生ゴミなどを燃料としますが、最大の違いは燃料を燃やすのでは無く、加熱することでガスを発生させ、そのガスによりタービンを回して発電するという所です。

生物化学的ガス化方式
最後がこの生物化学的ガス化方式になります。生ゴミや家畜から出た糞尿、下水などを発酵させてガスを発生させ、そのガスでタービンを回して発電するという方式になります。

バイオマス発電のメリット

ではバイオマス発電には、どんなメリットがあるのでしょうか?

最大の特徴は「再生可能エネルギー」である、という所でしょう。生ゴミや間伐材などを使うので、発電用に木を伐採したりする必要がありません。環境に優しいですね。そうしたゴミなどの不要物を再利用できる、というのもバイオマス発電のメリットです。

またエネルギーを国産でまかなえる、というのも大きな特徴です。石油などの化石エネルギーは、そのほとんどを輸入に頼っています。しかしバイオマス発電であれば、エネルギーをわざわざ外国から輸入する必要はありません。

そしてバイオマス発電のメリットとして「カーボンニュートラル」であるという事が挙げられます。でも「カーボンニュートラル」とは、一体どういう意味なのでしょう?
バイオマス発電は、基本的に火力発電と同様に燃料を燃焼することで、発電をしています。でも燃料を燃焼させる、ということはすなわち「二酸化炭素を排出している」という事になると思いませんか?
しかしバイオマス発電で排出される二酸化炭素は、燃料となっていす植物などが成長する過程で大気から吸収したものなので、それを燃焼して出てくる二酸化炭素は結局大気中から吸収したものを大気に戻すだけなので、トータルでの二酸化炭素量は変わらない、という考え方が「カーボンニュートラル」です。

しかしその理屈で言うなら、石油などももともとは太古の植物などが変化したものであるから、理屈としては同じなのでは無いか?とお思いの方もいらっしゃるかと思います。しかし石油から出てくる二酸化炭素は、はるか太古に吸収された二酸化炭素なので、それを燃焼して大気中に放出することで、二酸化炭素量を増やしてしまっている、という事になるのです。

バイオマス発電のデメリット

では今度は、バイオマス発電のデメリットについて考えていきます。

最大のデメリットは、バイオマス燃料を集めたり管理するのに、費用や手間がかかるという事です。確かに生ゴミなどは生活に伴って出てくるものですが、それらが安定して発電できるようにいつも決まった量が出てくるとは限りません。間伐材なども大量にあるわけではありませんので、様々な所から集めてこないとなりません。

また特にバイオ燃料などは、トウモロコシやサトウキビから作られるのですが、食用のものをわざわざ燃料として使うことで、逆にそれらを食用として栽培する所が減ってしまうのでは無いか、という懸念もあります。またバイオマス燃料用の耕地を広げるために森林伐採などが起きてしまう可能性もあります。これでは本末転倒ですね。

まとめ

バイオマス発電まとめ

バイオマス発電は燃料さえ確保することができれば、太陽光や風力と比べてかなり安定した発電が期待できます。しかしその燃料を「安定」して確保し、「保管」することが最大の課題でもあります。バイオマス発電をより安定させるために、石炭なども一緒に燃焼させる方法もあります。

いずれにせよ、バイオマス発電は発展性が期待される発電方法です。今後さらなる研究の成果と発展を、期待していましょう。


TEL:045-465-4257 FAX:045-465-4258

TEL 045-465-4257
FAX 045-465-4258

簡単見積もりのご依頼はこちらから メールでのお問い合わせはこちらから