工場、町工場の電気代金値下げ・削減に自信があります。

工場電力ドットコム
電気料金値下げの簡単見積もりはこちらをクリック 電気料金値下げのお問い合わせはこちらをクリック お問い合わせ(完全無料)はこちら

電力コラム » 発電方法

北区の工場に知っていただきたい発電方法のメリットとデメリット

2018年9月3日 公開

カテゴリー:発電方法

東京都北区について

東京都の北区といえば、文字通り23区の北に位置する街です。いくつもの幹線道路が通っていたり、またJRの駅が23区で最も多いなど、都心へのアクセスはかなり容易になっています。

江戸時代には北区は、江戸の近郊にある行楽地として知られていました。明治時代になると川が多くあるという地の利をいかして、紡績工場が建設されました。その後も軍需工場、金属や機械部品などの工場が数多く進出してきました。そういった意味では北区は、日本の近代工業の発展に、大いに役に立ってきた街だと言うことが出来るでしょう。

現在の製造業ですが、割合としては印刷関連が最も多くトップとなっています。続いて金属製品、食料品や紙・紙加工品となっています。しかし製造業もやはり高度経済成長をピークとして、近年では事業所数が減少の一途を辿っています。

そんな北区の製造業の方にぜひとも知っていただきたいのが、各種発電方法のメリットとデメリットです。

発電方法のメリットとデメリット

発電には様々な方法があります。代表的な発電方法の、メリットとデメリットを紹介していきたいと思います。

火力発電

日本各地の原子力発電所が稼働を停止しているため、現在の主流となる発電方法がこの火力発電です。火力発電のメリットは、発電量を比較的簡単に調整することが出来る、というところでしょうか。電気の需要の多い昼間などには発電量を上げて、また需要が少なくなる夜間などには発電量を抑えるなどの調整が、簡単にコントロールできます。

一方火力発電のデメリットですが、やはり最大の問題は大量の温暖化ガスを排出してしまう、という事でしょう。地球温暖化の原因となるということで、大変に問題視されました。世界では温暖化の原因となる火力発電は止めていこう、という流れになってきているのですが、日本では先程も書いたとおり、原子力発電所の多くが稼働を停止しているため、その代わりとして多くの火力発電所に頼らざるを得ない状況になっています。

またその燃料が原油であるために、多くを外国からの輸入に頼らないといけないというデメリットもあります。火力発電が主流となっている現在、私達の電気料金には、火力発電で使うための燃料の購入費用が上乗せされています。

原子力発電

続いて原子力発電です。原子力発電の最大のメリットは、なんといっても少ない燃料で大量の電気を発電できるということでしょう。低コストで大量の発電が出来る、というのは原子力発電だけが持つ最大の特徴でありメリットだと言っても構わないでしょう。

デメリットとしては、すでに皆さんもご存知のとおり、何か一度事故が起きてしまうと放射性物質などが発生してしまう事や、また使用済み核燃料の問題などもあります。とにかく事故を起こさないようにし、また常に事故に備える事が大切だと言えるでしょう。

水力発電

ダムなどに水をため、その流れる力を利用した発電方法です。メリットとしては、発電の際に温暖化ガスなどを発生しないというところです。まさに環境に優しい発電方法だと言えますね。また発電とはあまり関係ないのですが、ダムには水を貯める事が出来るので水害などから周辺を守るという役割もあります。

デメリットとしては、そのダムを建設するには広大な土地が必要だという事でしょうか。発電方法自体は環境に優しいのですが、発電所の建設で森林などを伐採せざるを得ません。現状これから新しい大型ダムを建設するのは、日本国内ではかなり厳しいのでは無いでしょうか。

太陽光発電

ここ数年ですっかり有名になってきた、太陽光発電です。メリットはやはり、発電時に温暖化ガスを排出しない、環境に優しい発電方法であるということ。また小型の太陽光パネルを使えば、各家庭単位で発電が出来るので、その分電気代を節約することが可能です。

一方デメリットですが、水力発電などと同じように大量の発電量を得ようとおもったら、広大な土地に太陽光パネルを敷き詰める必要があります。この日本ではそれだけの広大な土地を使うためには森林などを伐採して作っていくしかありません。また太陽光パネル自体に有害な物質が使われているため、それらを処分するときにどうすればいいのか、という問題が近年注目を浴びています。

まとめ

今回は発電方法のメリットとデメリットということで書いてきました。単純にどの発電方法が一番優れている、という事では無く、それぞれのメリットとデメリットを正しく理解して、適材適所で発電方法を選んでいくということが一番大事でしょう。


TEL:045-465-4257 FAX:045-465-4258

TEL 045-465-4257
FAX 045-465-4258

簡単見積もりのご依頼はこちらから メールでのお問い合わせはこちらから