工場、町工場の電気代金値下げ・削減に自信があります。

工場電力ドットコム
電気料金値下げの簡単見積もりはこちらをクリック 電気料金値下げのお問い合わせはこちらをクリック お問い合わせ(完全無料)はこちら

電力コラム » 工場・町工場

なぜ多くの工場は電気代の値下げを考えないのか?

2018年4月9日 公開

カテゴリー:工場・町工場

何度も書いております通り、この「工場電気ドットコム」では、高圧電気を使用している工場・町工場の方を対象に電気代の削減をご提案させていただいております。また実際に多くの工場の経営者様と、お話をさせていただきました。

実はその中で一つ気づいた事があります。それは多くの工場の方は、確かに必要経費であったり人件費をなんとか節約したいと考えていらっしゃるのですが、「電気代を下げよう」という発想に至る方が、あまりいらっしゃらないように思います。

もちろん私の個人的な印象だと言われてしまえばそれまでなのですが、しかしやはりどうしても多くの方が電気代の値下げをそもそも考えていらっしゃらないように思うのです。一体それはどうしてなのでしょう?今回はその理由を考えていきたいと思います。

必要なものなので電気代を下げたくない

多くの工場で「電気」は必要不可欠なものです。機械を動かしたり、照明をつけたり、工場の空調に使ったりなどなど…。特に製品を生産するための機械には必要不可欠なので、まさに売上に直結してる部分だと言えるでしょう。

だからこそもし電気代を削減したせいで、今使っている電気になんらかの影響が出てしまうのでは無いだろうか?もしそうなってしまったら、生産ラインなどがストップしてしまい、大変なことになるのでは無いだろうか?…と思われていらっしゃる方も、結構いらっしゃるのでは無いでしょうか?

ご安心ください。既に何度もご説明をさしあげておりますが、電気代を値下げするために電力会社を新電力に切り替えたとしても、使える電気は今までと全く同じ質の電気です。電力会社を切り替えたからといって、今までと違う電気が来るというような事は、一切ございません。機械なども、そのまま続けて利用することが可能です。

電力切り替えで今までどおりに電気を使えるかどうか

電気代を値下げするのには手間がかかると思っている

電気代を値下げするのには手間がかかると思っている

何人かの方とお話していて気づいたのは、電気を新電力会社に切り替えた場合、新型の機械や送電線などをつけないといけないのでは無いか、と思っていらっしゃったという事です。そしてそれらの設置があるため、工場の運転をストップさせないといけなくなるのでは?と考えていらっしゃいました。もし心配されている通りであるのなら、繁忙期などに電気の切り替えをした場合、しばらく工場が稼働できなくなってしまうので、確かに売上に響いてしまいます。

こちらについてもご安心ください。新電力へ切り替えることで、特別な新しい機械を取り付けたり工事をするような必要は基本ございません。今までどおりのままで、そのまま電気代だけを下げる事が可能です。

ただし例外として、現在ご利用されている電機メーカーが旧式のものであった場合、新型のスマートメーターというメーターに取り替える必要がございます。しかしこのスマートメーターの費用は一切発生いたしません(完全無料です)し、また取り付けに関しても電気をそのままご利用されたまま、20分程度の時間で付け替えが可能な簡単な作業のみになります。

電力切り替えで機械の購入や工事などが必要かどうか心配な方へ

2024年までに、各家庭や工場・会社などの電力メーターを、全てスマートメーターに切り替えるような作業が現在進行中です。なので放っておいてもいずれスマートメーターに切り替えられますので、新電力への切り替えのタイミングでスマートメーターに切り替えてしまってもいいかもしれませんね。

初期費用など特別な費用がかかるのではないか

毎月の電気代が結構な負担になってしまっているので、なんとか電気代を下げたい。しかし電気代を下げる際の手数料や機械などの設置費用で、結果として下げない方がお得だったのでは…そのように心配されていらっしゃる工場の決済担当者の方も、何人かいらっしゃいました。もちろん数ある節電方法の中には、特殊な機械を使って電気の使用量をモニタリングし、電気代を値下げするという方法もございます。しかし工場電気ドットコムでご提案させていただいている方法は、そのような特殊な機械の設置など、一切必要ございませんし、また切り替えの費用なども一切かかりません

そうは言っても、自分たちで直接新電力会社とやり取りをすれば、代理店費用などもかからないからより安くなるんじゃないの?と思ってらっしゃる方もいるかもしれませんが、新電力会社と電気の切り替え契約をするにあたって、代理店を通そうが通すまいが、削減額は実は変わらないのです。何故なら、新電力の電気料金にはすでに代理店への手数料などが最初から含まれているからです。

工場電気ドットコムがお客様から代金をいただかない理由

それであれば、新電力への交渉や他会社の見積もりも取れる、代理店経由の方が全然楽で手間がかからない、という事はお分かりいただけるかと思います。更に私たち工場電気ドットコムでは、それに加えて独自のアフターサービスもご用意しております。

工場電気ドットコムはあなたの工場の電気のパートナーなのです。

電気代が値下げできると思っていない

電気代が値下げできると思っていない

電気代は必要経費です。毎月毎月どうしても必要になってしまうお金です。なのである程度ガマンして払い続けないといけない、という意識が少なからずあるようです。そもそも電気代が値下げ可能である、という事をご存じないという方もいらっしゃいます。

もちろんこの数年で新電力は大分話題になりましたので、さすがに電気代が値下げ可能であるという事自体はご存知の方が増えていますが、実際に値下げをしても、それほど大きく値下がりしないというように思われていらっしゃるようです。

ここで断言させていただきます。現在高圧電気をご利用の工場・町工場であれば、電気代を「8%」ほど値下げする事は可能です。「8%」というと、年間で考えますと、およそ一ヶ月分の電気代になります。いかがでしょうか?年間一ヶ月分の電気代が節約できる、というのは工場経営において相当大きいのでは無いでしょうか?

もちろん「8%」はあくまでも概算です。それ以上に節約できる可能性は十分にあります。お問い合わせ・お見積りは無料です。複数お見積りも出す事が可能ですので、少しでも電気代の節約に興味がございましたら、お問い合わせください。


TEL:045-465-4257 FAX:045-465-4258

TEL 045-465-4257
FAX 045-465-4258

簡単見積もりのご依頼はこちらから メールでのお問い合わせはこちらから