製造業・工場・企業の電気代削減は工場電気ドットコムにお任せください

工場電力ドットコム
工場電力ドットコム
045-465-4257 無料相談
電気料金値下げの簡単見積もりはこちらをクリック 電気料金値下げの無料相談はこちらをクリック お問い合わせ(完全無料)はこちら

電力コラム » 工場・町工場

製造業は人手不足なのか?

2020年1月14日 公開

カテゴリー:工場・町工場

昨今製造業に限らず多くの業界において「人手不足」が叫ばれています。実際にこのページをご覧になっている企業の皆様も、人手不足を肌で感じ取っていられるのでは無いでしょうか。

この人手不足の原因は、なんといっても少子化が最大の原因であると言えるでしょう。仕事の数が増えたところで、肝心の若者の数が減ってしまっては、人手不足になってしまうのも当然のことです。特に地方などでは若者が東京などの都会へ移動してしまいますので、より人手不足が深刻化していることかと思います。

また製造業自体のイメージの悪化という問題もあげられるでしょう。例えば「給料が少ない」「休日も出勤しなければならない」「力仕事をさせられる」「作業環境が良くない」など、思われがちです。もちろんこれらはただの思いこみにすぎないのですが、こうした不安や疑問などを積極的に払拭していく努力は必要だと言えるでしょう。

また一時期は海外に生産拠点があった工場などが、海外での賃金が上がったことなどで、日本へ戻ってきて工場を再開させるなどにより、製造業に必要な人材そのものが増えてしまっているなど、多くの原因が考えられます。

ではこうした人手不足は、どうやって解消していけばいいでしょうか。現在もっとも多く取られているであろう方法が、外国人などの安い労働力を大量に雇うという方法でしょう。現在の日本には多くの外国人が来日しています。そうした労働力となる外国人を雇うことで、人手不足を食い止めるという方法です。確かにこの方法は有効かと思いますが、ただし現場としては言葉や文化の違いなどから来るトラブルなどが、想定されてしまいます。また同様に女性を多く採用する、という方法もありますが、やはりこれも製造業という現場の事を考えますと、なかなかうまく行きづらい現状があると言えるでしょう。

結局のところ、製造業に限らず人手不足を解消する方法は、当たり前ですが賃金を上げる・労働環境を清潔にする・危険な仕事を減らすようにする・従業員の福利厚生をしっかり行う、などの待遇面の改善を行い、応募者を増やすということしか無いのだと言えるでしょう。特に給与面の待遇は、重要だと言えます。

しかし社員の給与を上げるということは、経営者の皆さんにとってはかなりやりづらい決断だ、というのが本音のところでしょう。この長い不景気の時代に、利益が上がる保証も無く社員の給与を上げるご決断は、そう簡単には出来ないかと思います。

そこで工場電気ドットコムがご提案するのが、新電力を活用した電気代の削減です。工場電気ドットコムでは特に製造業の皆様で大幅に電気代が安くなる新電力会社を、厳選しております。特に工場電気ドットコムにお問合せいただいた製造業の実に90%が電気代の削減に成功しております。

現在高圧電気を利用していれば、計算上ですが、電気代基本料金がおよそ30~40%安くなります。電気代の総額で考えますと、全体で平均して8%の値下げに成功しております。電気代全体の8%の値下げということは、年間でおよそ一ヶ月分の電気代が無料になる、という計算になります。たかが8%と考えることも出来ますが、特に製造業の方の場合電気代それ自体がかなりの額になるかと思いますので、8%の値引きとしても額で考えると相当な額になるのでは無いでしょうか。

また新電力では、電気も今まで通り利用することが出来ます。工場の機械などももちろん今まで通りに動きます。新電力にするにあたって新しい設備や工事などは一切必要ありません。ノーコストで電気代の削減が可能になるのです。

日々コスト削減に頭を悩ませている製造業の社長の皆様、経理ご担当者の皆様、まずは新電力に切り替えることでの電気代削減をご検討されてはいかがでしょうか。お問合せ・ご相談・お見積りなど、全て手数料無料にてお受けしております。まずはお気軽にご連絡ください。

ご相談をいただいた工場の90%が、
電気代大幅値下げに成功いたしました。


TEL:045-465-4257 FAX:045-465-4258

TEL 045-465-4257
FAX 045-465-4258

無料見積もりのご依頼はこちらから メールでの無料相談はこちらから