電話 045-465-4257
節電の相談する

製造業・工場・企業の節電はお任せください

工場電力ドットコム
電話 045-465-4257
節電の相談をする

電力コラム » 省エネ・節電

工場の電気代削減のために見直しておきたいポイントとは?

2021年3月25日 公開

カテゴリー:省エネ・節電

自社の電気代がものすごく高くなっている、必要経費が多すぎて利益が出づらくなっている。そのような状況で少しでも電気代を安くしようと色々調べた結果、このページにたどり着かれたのでは無いでしょうか?そのような皆様のために、今回は工場の電気代を大幅に削減するために、是非とも見直しておきたいポイントを書いていきたいと思います。

機械を省エネ対応のものに買い換える

まずは基本中の基本です。電気は基本的に使う量が増えれば増えるほど、その電気代も高くなります。それであればまずは電気の使用量が少なくなるように、していけばいいわけです。とは言っても、普段通りの生産活動をするのであれば、どうしても大量に電気を使うことになってしまいますし、また何よりいちいち電気の使用量を監視するのも、これも面倒くさい作業だと言わざるを得ないでしょう。

しかし近年では「省エネ対応」の電気製品が増えてきています。例えば照明であれば蛍光灯よりもLEDを利用した方が消費電力が小さくなり、省エネ効果が高いことで知られています。他にもちょっとした電気製品を省エネ対応のものに変えていくだけで、それなりの節電効果が得られるでしょう。

こうした省エネ対応の電気製品は、導入に費用がかかってしまうのが欠点です。ただし場合によっては補助金が出るものもありますので、そうした対象になっていないかどうかを、逐一チェックしておくといいでしょう。

機械の手入れをする

単純に機械を買い換える、というのではやはりどうしても費用がかかってしまいます。しかし買い換えるのでは無く手入れをすることで、稼働効率が上がり結果として節電になる、というケースも十分あります。特にホコリやゴミなどがたまっていそうな電気製品は、一度徹底的にお手入れをしてみるのもいいかもしれません。

空調設備を見直す

数多い電気製品の中で、特に多く電気を消費するのは冷暖房、つまり空調設備です。例えば夏場であれば冷房の設定温度を一度上げるだけで、かなりの節電効果が期待できるという話もあります。こうした空調の場合、単純に機械を新しいものにするだけでは無く、掃除や手入れなどをこまめに行うだけでも、かなりの節電効果となる事があります。また室内の温度が室外に近くならないよう、断熱効果などのあるガラスやカーテンなどに切り替えるだけでも、十分効果が期待できます。

太陽光発電などを導入する

大きめの工場などで広い敷地が確保できるのであれば、太陽光発電を導入して自家発電に切り替えるという手段もあります。もちろんこの場合は、太陽光発電を導入した場合としなかった場合のコストを計算して、しっかりと比較する必要があります。特に太陽光発電の場合は、夜間や雨天などの際には発電ができなくなりますので、完全に自家発電をするというのはほぼ無理となります。ある程度電気を利用しつつ、天気のいいときには節電が出来る、くらいの気持ちでいた方がいいかもしれません。

電気会社を切り替える

実に多くの方がご存知ないのですが、実は電気代というのは会社によって変わってきます。特に「新電力」と呼ばれる会社では、電気代が大幅に下がる傾向があります。もちろん現在の状況によって、価格は変わってきます。また各会社によって様々なプランがあるため、それらを比較検討するだけでも、大変だといえば大変です。しかしそうした多くのプランの中に、きっとピッタリの電気料金プランがあるのも確かなことです。

最後に

今回は工場の電気代削減のために見直しておきたいポイント、という事で書いてきました。実に多くの方法がありますが、実際に電気代削減をやるとなると、かなり大変な作業になるのは間違いないでしょう。私達工場電気ドットコムでは、特に「電気会社を切り替える」という方法で、皆さんの工場の電気代を安くするお手伝いをさせていただいております。今までに多くの工場の電気代を、安くしてまいりました。少しでも電気代に不満があるようでしたら、まずはお気軽にご相談ください。問い合わせなどは、全て無料にて対応しております。

ご相談をいただいた工場の90%が、
電気代大幅値下げに成功いたしました。


完全無料でご相談・お問合せ・お見積りを受け付けております。

TEL:045-465-4257

TEL 045-465-4257

無料で電気料金の見積りをとる 無料で電気代の相談・問い合わせをする 節電の見積りをとる 節電について相談する