電話 045-465-4257
節電の相談する

製造業・工場・企業の節電はお任せください

工場電力ドットコム
電話 045-465-4257
節電の相談をする
製造業のホンキの節電を実現します 製造業のホンキの節電を実現します

製造業のみなさん、節電のことでお悩みですか?

  • 毎月の電気代が高すぎる
  • ムダな経費を減らしたい
  • 省エネ対策を見直したい
  • 経営がピンチなのでコスト削減したい

製造業・工場・町工場の節電は、もっと簡単・確実にできます!
工場電気ドットコムがお客様に代わって、電気代を見直します

ベストマッチする新電力を400社以上の中からご紹介!

節電の切り札、それは電気会社の切り替え!

工場電気ドットコムは、お客様にピッタリの新電力を見つけます。
電気代が年間数万~数百万円も安くなる新電力を、自信をもってご紹介します。
一括見積りや比較などを、お客様が行う必要はありません。
面倒な交渉や手続きは、工場電気ドットコムが責任をもって行います。
まずはお気軽にご相談ください。

同じ電気でも電気会社によって値段が大きく異なります

電気の基本料金は、電気会社ごとにかなり違います。

なかでも新電力と呼ばれる電気会社は、特に基本料金が安いのが特徴です。
基本料金は一度下げれば、ずっと下がったままとなります。
つまり新電力に切り替えることで、電気の使用量が今のままでも、電気代が大幅に安くなります
新電力は国の審査を経ていますので、電気の安全性や停電・災害時などの復旧対応は、今までとなんら変わりません。

工場電気ドットコムの節電 6つの特徴

製造業の電気代をより安く

製造業の電気代をより安く

電気を大量に使えば使うほど、電気代が大幅に安くなります。

今まで通り電気を使えます

今まで通り電気を使えます

電気の使用量はそのまま。安定性・安全性も今までと変わらりません。

手続きは全部お任せだからラクラク

手続きは全部お任せ
だからラクラク

面倒な交渉や複雑な手続きを、まるごと引き受けます。

アフターサービスもバッチリ

アフターサービスもバッチリ

電気代を下げた後も、更に安くなるような場合には、ご提案いたします。

ご相談いただいた9割のお客様が削減に成功

ご相談いただいた9割の
お客様が削減に成功

2018年~2020年上半期までの実績です。

全て無料です

全て無料です

お客様の自己負担金はゼロです。手数料は必要ありません。

「安定」した電気を「安く」「安心」して利用
3つの「安」をモットーに、節電の悩みを解決します。

節電後の見積もりみる節電の見積もりをもらう 節電について相談する節電について相談する

節電について多く寄せられたご質問

製造業・工場が新電力に切り替えると電気代がどれだけ安くなりますか?

条件により変わってきますので「概算」となりますが、現在高圧電気をご利用されている一般的な製造業であれば、電気代基本料金が30~40%程度削減可能です。電気代総額ではおよそ8%の削減、年間で換算するとおよそ一ヶ月分の電気代が削減可能です。

新電力にした場合のデメリットなどは無いのでしょうか?

新電力に切り替えても、デメリットはありません。今まで通りの機械を今まで通りに使うことが出来ます。停電が増えることもありません。もし万が一切り替えた新電力にトラブル(倒産や経営破たんなど)が発生した場合は、地方電力会社が代わって電力を供給してくれます。これは法律で保障されています。

新電力に切り替えるのに費用などはかかりますか?

新電力に切り替えるにあたって、新規の機械や設備などを導入する必要は全くありません。また大掛かりな工事などの必要も一切ありません。今の設備のままで、今まで通りの量の電気を使っていても、電気代を下げることが可能です。

その他よくあるご質問はこちら

工場電気ドットコムで節電に成功されたお客様の

神奈川県 中規模工場を営んでいるお客様

電力切り替えについては、これまでも自分の工場に沢山の営業電話がありました。しかしまったく取り合わないで、従来の地方電力会社を利用していました。ある時たまたま、「工場電気ドットコム」さんのホームページを見たのですが、電気代が安くなるという事について、とても詳しく書かれているので興味を持ち、連絡をしてみたのがきっかけです。

工場電気ドットコムさんは代理店なので、各電力会社を俯瞰で比較してくれます。その立場からいろいろと教えてくれて、とても分かりやすかったので、信用してみようという気になり、見積もりをお願いしました。

結果的には、1ヶ月分以上の電気代削減ができて満足しています。
いろいろ知ってみることが、不安解消にとても大事だと痛感しました。
うまくいかなかった実例の話もしてくれるので一度聞いてみて損はないと思います。

その他のお客様の声はこちら

節電後の見積もりみる節電の見積もりをもらう 節電について相談する節電について相談する

電力あれこれコラム

脱炭素に向けて水力発電を再活用

2021年7月29日 公開

「脱炭素社会」は、菅政権にとって大きな政策の柱だと言うことができます。もちろんこれは日本のことだけでは無く、世界中のほとんどの国が「脱炭素」へ向けて動いている、という事でもあります。ところで火力発電などではどうしても二酸…

続きを読む

原子力発電と再生可能エネルギー発電は二者択一なのか?

2021年7月26日 公開

このコラムでも何度も書いてきていますが、現在日本の原子力発電所はそのほとんどが稼働を停止しています。この数年でようやく再稼働が進み始めていますが、それは全体のほんの一部にすぎません。 一方原子力発電と入れ替わるように盛ん…

続きを読む

世界各国が原子力発電に力を入れている理由とは?

2021年7月22日 公開

原子力発電といえば、原子炉で発生させた熱エネルギーを使い水を沸かし、その蒸気によりタービンを回転させ、大量の電気を発電する方式の発電です。この原子力発電のメリットは、なんといっても大量の電気を安定して発電できるということ…

続きを読む

2021年東京オリンピックを楽しむために注意するべきこととは?

2021年7月19日 公開

今週金曜日、7月23日から東京オリンピックが開催となります。本来は昨年2020年に開催予定でしたが、ご存知の通り新型コロナウイルスの影響により、1年延期となりました。それでもまだ新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されるた…

続きを読む

太陽光発電のコストは原子力発電よりも安いのか?

2021年7月14日 公開

発電にとって大切な条件は「安定した電気を大量に発電できること」だと、常々書いてきました。電気が一時的にでも止まってしまえば、私達の生活には大混乱が起きてしまいます。そしてその電気を何千何万という家庭やオフィスなどに公平に…

続きを読む

現在大注目されている直流送電とは?

2021年7月12日 公開

私達が使う電気は、まずは各地の発電所で作られます。それが変電所に集められ送電され、さらにいくつもの変電所を通り、最終的に私達の家庭やオフィス・仕事場に届くようになっています。つまり「送電」という仕組みが無ければ、私達のと…

続きを読む

2021年の夏も水害に注意

2021年7月8日 公開

毎年のことですが、梅雨時から秋にかけては大規模な水害が発生しやすい時期です。つい先日も静岡県熱海市で土石流が発生いたしました。また7月7日から8日かけて、中国地方での豪雨が発生しています。 熱海で発生した土石流の原因はメ…

続きを読む

熱海で発生した土石流の原因はメガソーラーなのか?

2021年7月5日 公開

2021年7月2日から3日にかけて、関東地方から東海地方では記録的な豪雨に見舞われました。そしてその影響により熱海市で大規模な土石流が発生いたしました。映像をご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。そして今回の土石流…

続きを読む

全国で公害化する太陽光発電

2021年7月1日 公開

何度となく書いてきていますが、現在国内の原子力発電所は90%以上が稼働停止しています。その代わりという事では無いでしょうが、近年国内では太陽光発電パネルの設置、メガソーラの建設などが様々な場所で急ピッチで行われています。…

続きを読む

美浜原発再稼働

2021年6月28日 公開

去る6月23日、かねてより伝えられていた通りに福井県の美浜原発3号機が再稼働となりました。 福井新聞:美浜原発3号機を再稼働、全国初の40年超運転 福島事故後に10年停止 福井県 関西電力は6月23日午前10時、運転開始…

続きを読む

完全無料でご相談・お問合せ・お見積りを受け付けております。

TEL:045-465-4257

TEL 045-465-4257

無料で電気料金の見積りをとる 無料で電気代の相談・問い合わせをする 節電の見積りをとる 節電について相談する