工場、町工場のコストカットに電気代金値下げ・削減をご提案します。

工場電力ドットコム
工場電力ドットコム
045-465-4257 無料相談
電気料金値下げの簡単見積もりはこちらをクリック 電気料金値下げの無料相談はこちらをクリック お問い合わせ(完全無料)はこちら
製造業のコスト削減は0円で可能です。問合せ企業90%での削減実績あります。工場電気ドットコムはあなたの電気のパートナーです。 製造業のコスト削減は0円で可能です。問合せ企業90%での削減実績あります。工場電気ドットコムはあなたの電気のパートナーです。

工場、町工場、ラボ、自社ビルなど、製造業のコストダウンには、電気代の基本料金の値下げが最善策となります。
工場電気ドットコムで、手数料無料での電気料金の値下げを実現させましょう!

2018年夏くらいから各電力会社にて、電気代の値上げ傾向が続いています。燃料費調整単価の値上げや発送電分離など要因は多々ありますが、この傾向は発送電分離が実行される2020年頃までの間、今しばらく続くものと思われます。であればこそ、今のうちに電気代基本料金を値下げしておくことが大切です。基本料金を値下げしておくことが後になって重要になってきます。電気代が値下げ傾向に入った時に、基本料金が下がっていることで出発点が変わります。
電気のパートナー工場電気ドットコムであれば、切り替え後にも複数回の電気代値下げが可能です。

工場電気ドットコムを利用された製造業の、電気代削減事例

A社 神奈川県 機械加工

神奈川県 機械加工

削減前=年間使用電気代  
1,572万円
削減後=年間使用電気代 
1,289万円

当サイト利用後の削減率 
約 18%

A社 神奈川県 機械加工 削減前=年間使用電気代 1,572万円 削減前=年間使用電気代 1,572万円 当サイト利用後の削減率 約 18%

B社 東京都 精密機器

東京都 精密機器

削減前=年間使用電気代  
984万円
削減後=年間使用電気代 
846万円

当サイト利用後の削減率 
約 14%

B社 東京都 精密機器 削減前=年間使用電気代 984万円 削減前=年間使用電気代 846万円 当サイト利用後の削減率 約 14%

C社 東京都 機械加工
※大手新電力から削減

東京都 機械加工

削減前=年間使用電気代  
840万円
削減後=年間使用電気代 
798万円

当サイト利用後の削減率 
約 5%

C社 東京都 機械加工 
※大手新電力から削減 削減前=年間使用電気代 840万円 削減前=年間使用電気代 798万円 当サイト利用後の削減率 約 5%

日本初!工場・町工場・製作所など製造業のコストカットに特化した、
工場電気ドットコムの6つの特色をご紹介します。

特色01

工場・町工場の電気代の大幅な値下げを実現します。

工場・町工場の立場にたって
電気代の値下げを実現します。

高圧電気を利用していれば計算上、電気代基本料金の平均30~40%程度の値下げが、総額であれば平均8%(年間およそ1ヶ月分)の電気代の値下げが十分可能です。
またお問い合わせをいただいたうち、90%以上の工場が電気代値下げに成功しております。

特色02

製造業の皆さまの「安心・安全」を第一に考えております。

製造業の皆さまの「安心・安全」を
第一に考えております。

全国400社以上ある新電力会社を独自にリサーチ。業界全体から安心・安全に電気を利用できる所を厳選して、企業の皆様にご提案いたします。
電力会社を選ぶ製造業の皆さまの代理店となった心構えで、工場・町工場の立場に立ったサービスを心がけています。

特色03

電気の品質は変わりません。今までどおり電気が使えます。

電気の品質は全く変わりません。
今までどおり電気が使えます。

新電力会社に切り替えることで機械が使えなくなったり、停電が増えたりするような事はございません。節電のために新しく機械を買うような必要もございません。大掛かりな工事なども、一切必要ございません。

特色04

お問い合わせ・お見積りは無料!その他手数料など一切不要!

お問い合わせ・お見積りは無料!
その他手数料など一切不要!

私達を通すことで、電気代になんらかの費用が上乗せされるような事は、決してございません。
一度お見積りをお出ししたお客様に対しては、状況確認のための連絡以外の電話やしつこい勧誘などは一切行いません。
どうぞご安心ください。

特色05

アフターサービスも充実!もちろん無料です。

アフターサービスも充実!
もちろん無料です。

切り替えた新電力会社になんらかのリスクやトラブルが発生した場合、それを即座に察知したうえで、新しい電力会社をご提案いたします。
また契約された後で更に値下げのチャンスが訪れた時には、電気代値下げのご提案を再度させていただきます。値下げのチャンスは一度ではありません。

特色06

製造業に特化したサービスで、企業の皆さんの工場を応援します!

製造業に特化したサービスで、
工場のコストカットを実現します!

製造業に特化した新電力会社を、独自調査にて厳選していますので、すでに新電力に切り替え済の工場でも、更に電気料金の値下げのチャンスがあります。
また電気業界を俯瞰から眺める立場にいますので、独自の視点からのコストカットのご提案をさせていただきます。

無料見積もりのご依頼はこちらから メールでの無料相談はこちらから

工場を経営している日本全国の企業の皆さん!度重なる電気代の値上げに悩んでいませんか?
工場電気ドットコムは製造業の皆さんの電気のパートナーです!

この工場電気ドットコムをご覧になっている製造業の皆様、このような事でお悩みではないでしょうか?

  • 少しでも工場のコストカットを実現したい。
  • 月々の工場の電気代が高くて負担になっている。
  • 小さな町工場なのだけれど、最近仕事が少なくなりコストカットが必要だ。
  • 工場の規模が大きいため社員の数が多く、必要経費がどうしても大きくなってしまう。
  • 業種柄電気を大量に使うため、経費の中での電気料金の占める割合が大きいので少しでも削りたい。
  • 電気代がどんどん値上げになっているので、なんとかしたい。

そのような悩みは、工場電気ドットコムが解決いたします!

工場電気ドットコムでは、現在高圧の電力を使用されている工場・町工場・製作所など製造業の皆様を中心に、電気代が安くなるご提案をしております。

工場電気ドットコムでは、現在高圧の電力を使用されている工場・町工場・製作所など製造業の皆様を中心に、コストカットの手段として電気代が安くなるご提案をしております。
工場など製造業の電気代削減に特化したサービスとしては、日本初のサイトとなります。
本当に安くなるの?」「高い機械を買わないといけないんじゃない?」「品質の悪い電気を使うの?」などと疑問の方もいらっしゃると思います。

工場電気ドットコムでオススメする節電方法を利用すれば、あなたの工場の電気代が平均して、基本料金30~40%程度、総額であれば8%(年間およそ1ヶ月分)も節約できます(高圧電気をご利用の場合)。
過去の最大実績としては、電気代基本料金60%、電気代総額で16%の電気代削減実績がございます。
もちろん新しい機械を買ったり、大掛かりな工事をする必要は一切ありませんし、今までと同じ品質の高圧電気が使えます
特殊な機械を買う必要もありません(メーターが古い場合など、スマートメーターに付け替える作業が発生しますが、20分程度の作業で終わりますし、その間電気が止まることもありませんし、費用も発生いたしません)。
お問い合わせ・お見積りは無料です。私たちへの手数料なども一切必要ございません。お申込みをいただいた工場の90%が、電気代の値下げに成功しております。

それは一体、どのような節電方法なのでしょうか?どうやって工場の電気代を安くすることが出来るのでしょうか?

企業の皆様の電気のパートナー、工場電気ドットコムがご提案する、製造業の高い電気代を安くする方法とは?

工場・町工場・製作所など製造業の高い電気代を削減する方法とは何でしょう?
その答えは「新電力」への切り替えです。
皆さんは「新電力(PPS)」をご存知でしょうか?ここ数年ニュースやインターネットなどで話題になっていたので、すでにご存知の方もいらっしゃるかもしれません。
ではその「新電力」とはなんでしょうか?
新電力」について知るにはまず「電力の自由化」について知る必要があります。

電力の自由化」とは文字通り、様々な電力会社から自由に電気を買うことが出来るようになったという制度です。
従来は各地域ごとに決まった電力会社からしか、電気を買うことが出来ませんでした。
関東であれば東京電力、東北であれば東北電力、関西であれば関西電力といった具合です。
しかし電気に関する法律が改正されたことで、そうした地方電力会社以外の電力会社からも電気を買うことが出来るようになったのです。

新電力(PPS)」とは、自由化された電力を取り扱う業者を、以前までの地域電力会社と区別するためにつけられた名称です。
正式名称は「特定規模電気事業者」と言われています。
またその中で、電気の販売だけを担当する業者を「小売電気事業者」と呼びます。

そうした小売電気事業者と電気の契約を結ぶことで、電気代の基本料金が今までよりも安くなります。
高圧電力をご利用の工場や町工場であれば、計算上年間一ヶ月分の電力代金を節約することも可能です。
また過去の最大実績であれば、電気代基本料金最大60%削減の実績もございます。
もちろん電気の質は今までと変わりませんし、停電が増えたりすることはありません
大掛かりな工事なども、必要ありません。電力切り替えに必要な書類は、ほんの数枚です。

工場電気ドットコムを利用された製造業の、電気代削減事例

A社 神奈川県 機械加工

神奈川県 機械加工

削減前=年間使用電気代  
1,572万円
削減後=年間使用電気代 
1,289万円

当サイト利用後の削減率 
約 18%

A社 神奈川県 機械加工 削減前=年間使用電気代 1,572万円 削減前=年間使用電気代 1,572万円 当サイト利用後の削減率 約 18%

B社 東京都 精密機器

東京都 精密機器

削減前=年間使用電気代  
984万円
削減後=年間使用電気代 
846万円

当サイト利用後の削減率 
約 14%

B社 東京都 精密機器 削減前=年間使用電気代 984万円 削減前=年間使用電気代 846万円 当サイト利用後の削減率 約 14%

C社 東京都 機械加工
※大手新電力から削減

東京都 機械加工

削減前=年間使用電気代  
840万円
削減後=年間使用電気代 
798万円

当サイト利用後の削減率 
約 5%

C社 東京都 機械加工 
※大手新電力から削減 削減前=年間使用電気代 840万円 削減前=年間使用電気代 798万円 当サイト利用後の削減率 約 5%

新電力会社を400社以上から厳選!工場電気ドットコムならではの独自サービスについて

新電力会社を400社以上から厳選!工場電気ドットコムならではの独自サービスについて

工場電気ドットコム」では、電気を新電力に切り替えた後も製造業の皆様に、これまで通り安心して電気を使っていただけるよう、400社以上ある新電力の会社をしっかりリサーチし、さらに実際に業者に会いに行ったり電話をして話を聞き、徹底的にヒアリングを行いました。
その上で、誠実で信頼できるクリーンな新電力会社を、独自に選定いたしました。
そうして選びぬいた、特に工場に対して削減力の強い会社から見積もりをとり、皆様の代わりとして、価格削減の折衝も行ってまいります。

工場電気ドットコム」では電力の切り替えにあたって、皆様から手数料などは一切いただいておりません
私達を通して契約したからといって、電気代に費用が別途上乗せされるという事も、一切ございません。
お問い合わせやお見積りも無料にて行っております。
それだけでは無く、新電力への切り替えをされたお客様へのアフターサービスも独自に行なっております。電気代の複数回の値下げも可能です。

工場電気ドットコム」のサイトでは、具体的にどういう仕組で電気代が節約できるのか、また新電力にどういうメリットとデメリットがあるのかなど、電気代や新電力に関することを詳しくご紹介していきます。
そして少しでも電気代を値下げしたいと思われましたら、お気軽にお問い合わせください。
皆様のご納得のいかれるまで、ご説明をさせていただきます。
工場電気ドットコムは、企業の皆様の電気のパートナーです。

無料見積もりのご依頼はこちらから メールでの無料相談はこちらから

工場電気ドットコムは皆様が安全かつ安心に電気をご利用されることを一番に考えます

安全 従来の電気と全く変わらない品質です

安全 従来の電気と全く変わらない品質です

新電力では電気の送配電を、従来同様の送配電設備をそのまま利用していますので、電気の品質はこれまでと全く同じです。停電リスクも変わりませんし、機械が動かなくなるといった事もありません。

安心 既に多くの企業が利用しています

安心 既に多くの企業が利用しています

企業向けの新電力は2000年にスタートしました。それから20年近く、既に多くの企業、公共施設、病院、学校などが新電力を利用しています。その事が新電力の信頼性の高さを証明しています。

無料 手数料など一切不要です

無料 手数料など一切不要です

お問合せ・ご相談・お見積り・ご契約など、手数料は一切いただきません。また私達を通じて新電力会社と契約することでその分が料金に上乗せされるような事は、一切ございません。しつこい勧誘営業なども行いません。

工場電気ドットコムは製造業の皆様のパートナーとして新電力会社と交渉をしてまいります

工場電気ドットコムは製造業の皆様のパートナーとして新電力会社と交渉をしてまいります

工場電気ドットコムでは、お客様から電気代削減のお問い合わせ・お見積りをいただいた段階で、その詳細をおうかがいしてまいります。お客様からいただいた詳細な情報をもとに、全国400社以上から厳選した新電力会社に対して電気代の見積もりの依頼と、価格交渉を行います。そして数社から出たお見積りを、お客様に対してご提案してまいります。お客様はそのお見積りの中から、ご自身の工場にふさわしいものを選んでいただくだけで、電気代の削減が実現します。

私達へのお見積り依頼・お問い合わせや新電力との交渉には、費用は一切かかりません。完全無料となります。
また特に工場などの製造業に特化した新電力会社を厳選しておりますので、お見積りをいただいた方の90%以上で、電気代の値下げに成功しております。既に新電力に切り替えていらっしゃる方でも、さらなる値下げが見込めます。

私たち工場電気ドットコムは代理店ですが、新電力の代理店ではなく、電力会社を選ぶ工場様の代理店という信念で、皆様に電気代削減をご提案させていただいております。
ですので電気料金見積もり・交渉段階で新電力会社からお客様に対して、直接連絡や営業などが行くような事は、一切ございません。どうぞご安心ください。

より安い電気を今まで通り安心に」これがわれわれ工場電気ドットコムの強みです。

電力あれこれコラム

電気についてのお役立ち知識を
コラム形式でまとめました

太陽光発電はもはや望まれていないのか?

2019年7月18日 公開

今年の梅雨はとにかく涼しい日が続いています。梅雨なので日照時間が減ってしまうのは仕方ないのですが、それにしてもこの日照時間の少なさは記録的だとも言えるでしょう。 読売新聞オンライン:「日照時間3時間未満」過去最長の19日

続きを読む

「太陽光発電の固定買い取りが終了する」というニュースについて

2019年7月16日 公開

2019年6月中旬ごろ、このようなニュースが流れてきました。 毎日新聞:太陽光固定買い取り制度廃止検討 20年度の法改正目指す 経産省 経済産業省は、太陽光や風力など再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度(FIT)を廃

続きを読む

電気料金の契約期間の縛りと違約金について

2019年7月12日 公開

工場電気ドットコムとして多くの工場、町工場様とお話をさせていただいてきました。そうしたやり取りの流れの中で、新電力に関するご質問を色々と受けることがあります。特に多いのが、やはり電気の「質」についてでしょうか。皆様工場や

続きを読む

ホルムズ海峡でのタンカー攻撃事件が電気代に与える影響とは

2019年7月11日 公開

2019年6月13日、日本の安倍首相がイランを訪問し、最高指導者のハメネイ師と会談を行ったまさにその日、中東のホルムズ海峡において日本のタンカーとノルウェーのタンカーが、それぞれ何者かに襲撃を受けるという事件が発生いたし

続きを読む

要注意!電力自由化詐欺に騙されないために覚えておきたいポイント

2019年7月8日 公開

2016年に家庭用新電力がスタートした事で、いまや全ての電力の小売は自由化された、という事になります。特別高圧や高圧などの自由化はそれ以前にすでにスタートしていたのですが、各家庭用の電力自由化はそれまで行われていなかった

続きを読む

製造業が新電力に切り替えることで電気代はどこまで下がるか?

2019年7月4日 公開

このページをご覧の皆様の中に「最近電気代がやたら高くなっている」「ここ数年、電気代が値上がりし続けている気がする?」と思っていらっしゃる方はいらっしゃいませんか?実はそれは当たっています。電気代はこの数年の間に、どんどん

続きを読む

ユニークな新電力 わんにゃんプロジェクト

2019年7月2日 公開

いわゆる「電力自由化」以降に誕生した新しい電気会社は「新電力」と呼ばれています。この新電力は主に電気代基本料金を値下げして、電気代全体を削減しています。しかし中には電気代はそのままで、本来削減される分の費用を、寄付などの

続きを読む

原子力規制委員会について

2019年6月28日 公開

原子力発電所関連のニュースを聞いていると、時々「原子力規制委員会」という言葉が出てくるのを聞いたことがあるかと思います。この「原子力規制委員会」とは一体どういう組織なのでしょうか? 原子力規制委員会ホームページ 原子力規

続きを読む

群馬県の製造業にお教えする工場以外で電気代が大幅に安くなる条件

2019年6月26日 公開

群馬県について 関東地方の北西部に位置する、内陸の県が群馬県です。県庁所在地は前橋市。利根川の上流に位置するためにダムがいくつもあるため、電力や上水道などの供給地となっています。県の東南部は関東平野の一部となっていて、人

続きを読む

2019年7月の展示会情報

2019年6月24日 公開

もうすぐ7月、暑い夏になります。昨年の夏は「酷暑」という言葉がピッタリのとても暑い夏でした。今年の夏は一体どうなるのでしょうか?そんな夏場だからこそ、展示会に足を運ばれてはいかがでしょう。 大田区加工技術展示商談会7月5

続きを読む

多く読まれている記事

新着記事

TEL:045-465-4257 FAX:045-465-4258

TEL 045-465-4257
FAX 045-465-4258

無料見積もりのご依頼はこちらから メールでの無料相談はこちらから