電話 045-465-4257
メールで無料相談

製造業・工場・企業の電気代削減は工場電気ドットコムにお任せください

工場電力ドットコム
電話 045-465-4257
無料見積り 無料相談 お問い合わせ(完全無料)はこちら
電気代の「仕方ない」をノーリスク・ノーコストで見直しませんか? 安全な電気を 今まで通りの品質の電気を今まで通りの設備で利用可能 安心な会社から 多くの企業や公共施設も長年利用している新電力を厳選 安い価格で 製造業特化型で電気代が年間平均8%も値下げ可能 電気代の「仕方ない」をノーリスク・ノーコストで見直しませんか? 安全な電気を 今まで通りの品質の電気を今まで通りの設備で利用可能 安心な会社から 多くの企業や公共施設も長年利用している新電力を厳選 安い価格で 製造業特化型で電気代が年間平均8%も値下げ可能

工場、町工場、ラボ、自社ビルをお持ちの製造業の皆さん、電気代を払いすぎていませんか?
自身の経験があるからこそ、新電力による電気料金の大幅値下げのご提案に自信を持っています。

「電気代は高いから仕方ない」「製造業なので電気を大量に使うから仕方ない」「安定した電気を使うためには仕方ない」
電気代について「仕方ない」と思ってあきらめていませんか?でもあきらめるのはまだ早いです!
その「仕方ない」工場電気ドットコムで、ノーリスク・ノーコストにて改善出来ます!

新電力で本当に電気代が安くなりますか?

もちろん安くなります。特に企業・工場・製造業に特化しておりますので、既に電気代を安くされていても、更に安くなる可能性は十分にあります。

新電力で電気の品質が悪くなったりしませんか?

今まで通りの品質の電気を、今まで通り使い続けることが出来ます。停電が増えることはありません。機械が動かなくなることもありません。

新電力を利用するには専用の設備が必要なのでしょうか?

現状のままの設備で全く問題ございません。新規で何かを購入していただく必要なども一切ありません。大掛かりな工事など全く不要です。

2020年は電気業界にとって一つの大きな節目の年です。発送電分離が実施され、中東の政治情勢によっては燃料調整費が値上げ、他にも再生可能エネルギー発電促進賦課金なども引き続き値上げすると考えられます。また新型コロナウイルスの影響も、先行きがなかなか見えません。そういった様々な要因が合わさることで各電力会社にて、電気代の大幅な値上げが実施されることが懸念されます。電気代値上げに対抗するには、新電力に切り替えて電気代基本料金を値下げしておくことこそが、一番確実な対策です。工場電気ドットコムであれば切り替え後にも、更に複数回の電気代値下げが可能です。そのためには今のうちに電気代基本料金を少しでも値下げしておくことです。そうすれば各電気事業者の電気代が値下げ傾向に入った時のスタート地点が変わり、有利な位置に立つことが出来ます。

兄が経営する工場のピンチを救った経験があるからこそ、自身を持ってあなたに寄り添った提案をいたします。

工場電気ドットコムについて

私(運営:有限会社アムライズ 鈴木 利尚)の兄も小さな町工場を営んでいます。しかし数年前のこと、資金繰りが悪化し経営難に陥ったことがあります。私も経営改善のための方法を色々探したのですが、その時に出会ったのが「新電力による電気代削減」でした。当時私は新電力について知識が無かったために、電力を切り替えることに対して大きな不安感を抱きました。しかし藁にもすがる思いで日本中の新電力会社に片っ端から電話をかけ、不安点や疑問点を直接問いただすことにしました。結果、私が心配していたような不安要素は新電力には全く存在しないということ、そして電気代は確実に下がるということがハッキリしました。早速兄に新電力による電気代値下げを提案したところ、私の情熱が届いたのか納得してもらい、新電力に切り替えてくれました。結果兄の工場の電気代は大幅に下がり、無事に経営難から脱出することが出来たのです。その時の経験を活かし、現在資金繰りに苦しんでいる工場・製造業経営者の皆様の役に立ちたい、と思ったのです。

自身の経験があるからこそ、自信を持ってご提案をいたします。
工場電気ドットコムはあなたと同じ立場に立った、あなたと共に歩むコンサルタントです。

日本初!工場・町工場・製作所など製造業のコストカットに特化した、
工場電気ドットコムならでは特色をご紹介します。

コンサルタントだから、安心・安全に利用できる新電力会社を厳選しております

コンサルタントだから、安心・安全に利用できる新電力会社を厳選しております

全国400社以上ある新電力会社を独自にリサーチ。業界全体から安心・安全に電気を利用できる所を厳選して、企業の皆様に安定した電気の供給かつ適切な価格でのご提案をいたします。電力会社を選ぶ製造業の皆さまの代理となった心構えでのサービスを心がけています。

コンサルタントだから、アフターフォローもしっかり行います

コンサルタントだから、アフターフォローもしっかり行います

切り替えた新電力会社になんらかのリスクやトラブルが発生した場合、それを即座に察知したうえで、新しい電力会社をご提案いたします。
また契約された後で更に値下げのチャンスが訪れた時には、電気代値下げのご提案を再度させていただきます。値下げのチャンスは一度ではありません。

コンサルタントだけど、手数料など一切不要です

コンサルタントだけど、手数料など一切不要です

手数料は一切不要です。お問合せ・お見積りも無料で受け付けております。私達を通すことで、電気代になんらかの費用が上乗せされるような事は、決してございません。
一度お見積りをお出ししたお客様に対しては、状況確認のための連絡以外の電話やしつこい勧誘などは一切行いません。

無料見積もりのご依頼はこちらから メールでの無料相談はこちらから

工場を経営している日本全国の製造業の皆さん!度重なる電気代の値上げに悩んでいませんか?

工場を経営している日本全国の製造業の皆さん!度重なる電気代の値上げに悩んでいませんか?

工場・企業・製造業の皆様にとって、電気代は必要経費であると同時に大量に消費するものであるため、その費用がかなりのご負担になっていることかと思います。そこでオススメしたいのが、新電力への切り替えです。新電力とはいわゆる「電力自由化」に伴って生まれた、従来の地方電力会社よりも安く電気を購入することが出来る、新しい電気事業者のことです。電気の質を心配される方もいらっしゃいますが、その点については、全く心配ございません。切り替え後も今まで通りの機械を使い続けることが出来ますし、停電などが増えるようなことも決してございません

しかし「新電力に切り替える」と言いましても、最大限の効果を得るためには、実は色々な専門的知識が必要になります。より高いコスト削減効果を狙うのであれば、複数の新電力から電気料金見積もりをもらう必要があります。しかし複数の新電力と連絡を取り合うということは、それらの対応に時間が取られてしまうことでしょう。また見積もりの比較も電気料金のどの部分を値下げしているかで、細かい内容がかなり変わってきてしまいます。そうした知識をあらかじめ勉強しておくということは、日々業務に追われる皆様にとっては大変な手間になってしまうのでは無いでしょうか。

工場電気ドットコムは電気代のコンサルタントです。皆様の立場になって、新電力と電気代の直接の交渉をしてまいります。直近の電気料金明細書12ヶ月分だけをご用意して、後は私達にお任せください。工場電気ドットコムでは400社以上もある新電力の中から、特に工場・製造業・企業などで大幅な電気代削減が期待できる、クリーンで安心できる新電力会社のみを厳選してあります。また新電力会社との交渉のノウハウと多くの実績もございます。ご自身で手間をかけて新電力と交渉をされるよりも、より良い結果を確実に出すことが可能です。

今まで工場電気ドットコムにお申込みをいただいた製造業の90%が、電気代の値下げに成功しております。電気代が平均して、基本料金であれば30~40%程度、総額であれば8%(年間およそ1ヶ月分)も削減可能です(高圧電気をご利用の場合)。過去の最大実績としては、電気代基本料金で60%、電気代総額で16%の電気代削減実績がございます。もちろん新しい機械を買ったり、大掛かりな工事をする必要は一切ありませんし、今までと同じ品質の高圧電気が、今まで通りに利用できます。特殊な機械を買う必要もありません(メーターが古い場合など、スマートメーターに付け替える作業が発生しますが、20分程度の作業で終わりますし、その間電気が止まることもありませんし、費用も発生いたしません)。

工場電気ドットコムを通して契約したからといって、電気代に費用が別途上乗せされるという事も、一切ございません。お問い合わせやお見積りも無料にて行っております。コンサルタントではありますが、手数料などは一切必要ございません。更に独自のアフターサービスも無料にて行っており、電気代の複数回の値下げも可能です。

少しでも電気代を安くしたいと思われましたら、お気軽にお問い合わせください。皆様のご納得のいかれるまで、ご説明をさせていただきます。工場電気ドットコムは、製造業の皆様の電気のパートナーです。

工場電気ドットコムを利用された製造業の、電気代削減事例

無料見積もりのご依頼はこちらから メールでの無料相談はこちらから

工場電気ドットコムは製造業の皆様のパートナーとして新電力会社と交渉をしてまいります

工場電気ドットコムは製造業の皆様のパートナーとして新電力会社と交渉をしてまいります

工場電気ドットコムでは、お客様から電気代削減のお問い合わせ・お見積りをいただいた段階で、その詳細をおうかがいしてまいります。お客様からいただいた詳細な情報をもとに、全国400社以上から厳選した新電力会社に対して電気代の見積もりの依頼と、価格交渉を行います。そして数社から出たお見積りを、お客様に対してご提案してまいります。お客様はそのお見積りの中から、ご自身の工場にふさわしいものを選んでいただくだけで、電気代の削減が実現します。

私達へのお見積り依頼・お問い合わせや新電力との交渉には、費用は一切かかりません。完全無料となります。
また特に工場などの製造業に特化した新電力会社を厳選しておりますので、お見積りをいただいた方の90%以上で、電気代の値下げに成功しております。既に新電力に切り替えていらっしゃる方でも、さらなる値下げが見込めます。

私たち工場電気ドットコムは代理店ですが、新電力の代理店ではなく、電力会社を選ぶ工場様の代理店という信念で、皆様に電気代削減をご提案させていただいております。
ですので電気料金見積もり・交渉段階で新電力会社からお客様に対して、直接連絡や営業などが行くような事は、一切ございません。どうぞご安心ください。

より安い電気を今まで通り安心に」これがわれわれ工場電気ドットコムの強みです。

電力あれこれコラム

電気についてのお役立ち知識を
コラム形式でまとめました

安全、安心、安い!それが新電力

2020年7月9日 公開

はじめに 「新電力」は2000年に特別高圧向けがスタート、そして2016年に低圧電気、つまり普通の一般家庭でも利用できるようになりました。つまり新電力が始まってから、実はもう20年も経った事になります。その間、実に多くの

続きを読む

2020年7月の九州水害から考えるダムと防災

2020年7月7日 公開

2020年7月4日、九州の熊本県を中心に豪雨が振り続けました。その影響により、各地で土砂崩れが発生し、球磨川は氾濫をし、14もの橋が流出してしまいました。これにより多くの死傷者・行方不明者が出てしまいました。この豪雨は、

続きを読む

石炭火力発電所の発電量が削減へ

2020年7月6日 公開

つい先日入ってきたニュースです。 NHK NEWS WEB:古い石炭火力発電所の発電量 9割程度削減へ調整 政府 政府は、石炭火力発電の在り方を大きく見直す方針を固めました。二酸化炭素の排出が多い、古い石炭火力発電所によ

続きを読む

エアコンでは換気は出来ない!?

2020年7月2日 公開

はじめに 新型コロナウイルスの懸念がまだまだ続く今年の夏は、恐らく誰も経験したことの無い夏となるでしょう。ところで新型コロナウイルスでは「三密」、つまり密閉、密集、密着を可能な限り避けることが大切と言われています。でも夏

続きを読む

テレワークと電気代

2020年6月30日 公開

新型コロナウイルスにより一ヶ月以上に渡って緊急事態宣言が出ました。その間仕事などは、可能な限りは在宅で行った方も多いかと思われます。こうした在宅勤務や離れたところでの勤務を「テレワーク」と言うのですが、そうしたテレワーク

続きを読む

夏本番の前に!エアコンのお手入れについて

2020年6月26日 公開

はじめに 今年ももうすぐ夏がやってきます。近年は特に酷暑とも言えるほどの暑さとなります。今のうちにエアコンのお手入れをしっかりとやっておいて、来たるべき夏に備えておきましょう! まずはフィルター エアコンの掃除で最も大切

続きを読む

発電所に求められているものとは?

2020年6月24日 公開

はじめに いまや私達の生活に必要不可欠な「電気」。その電気を作り出すのが「発電所」です。そして「発電」には、原子力発電や火力発電、水力発電に太陽光発電など、実に多くの方法があります。それでは一体電所に求められているもの、

続きを読む

洋上風力発電について

2020年6月22日 公開

洋上風力発電とは 「風力発電」については、以前もこの工場電気ドットコムのコラムでも何度か書いたことがあります。 風力発電について その名前の通り「風力」すなわち風の力を利用してタービンを回し、発電を行います。火力発電など

続きを読む

長野県でのメガソーラー計画に「撤退」が検討されている、というニュース

2020年6月18日 公開

つい先日、このようなニュースが入ってきました。 信毎Web:メガソーラー撤退検討 諏訪・霧ヶ峰近くに計画 業者、週内にも説明 諏訪市四賀の霧ケ峰高原近くで進む大規模太陽光発電所(メガソーラー)計画で、事業者のLooop(

続きを読む

電気料金の「力率」とは何?どういう意味なの?

2020年6月16日 公開

はじめに 電気料金について調べていると、「力率(りきりつ)」という言葉に出会うことがあります。例えば高圧電力の場合、電気料金の基本料金は以下のような計算式で表すことができます。 電気代基本料金=基本料金単価 × 契約電力

続きを読む

TEL:045-465-4257 FAX:045-465-4258

TEL 045-465-4257
FAX 045-465-4258

無料見積もりのご依頼はこちらから メールでの無料相談はこちらから