工場、町工場の電気代金値下げ・削減に自信があります。

工場電力ドットコム
電気料金値下げの簡単見積もりはこちらをクリック 電気料金値下げのお問い合わせはこちらをクリック お問い合わせ(完全無料)はこちら

電力コラム » 電力自由化・新電力

今こそ新電力に切り替えるべき理由とは

2018年12月11日 公開

カテゴリー:電力自由化・新電力

工場電気ドットコムでは工場や町工場の方々を対象に、新電力への切り替えをお勧めしております。「新電力」と言う言葉を、聞いたことがある方も多くいらっしゃるかと思います。今回は工場電気ドットコムが新電力への切り替えをお勧めする理由を、書いていきたいと思います。

電気代が大幅に下がる

まずは何といっても、電気代が大幅に下がることでしょう。特に現在高圧電力を利用されているような工場、町工場、製作所であれば、電気代の大幅な値下げが期待できます。具体的には、基本料金であれば30~40%程度、総額であれば8%(年間およそ1ヶ月分)の値下げが可能です。工場電気ドットコムは特に工場に特化した新電力会社を揃えていますので、過去の実績では電気代基本料金60%、電気代総額で16%の削減実績もあります。電気を新電力に切り替えるだけで、電力の大幅なコストダウンが実現可能なのです。

電気代は固定費用です。工場や町工場などでは、絶対に必要な費用となっていますし、大量に消費しています。その電気代を上手くコストカットできれば、工場全体の大きなコストダウンにも繋がります。現在電気代に毎月100万円を使っている工場があったとすれば、8%の削減で毎月92万円の電気代となります。これは企業にとって、かなり大きいのでは無いでしょうか。

手続きが簡単・費用もかからない

新電力に切り替えるには費用がかかりません工場電気ドットコムへのお問い合わせ、お見積もりも無料にて承っております。また新電力との交渉なども、工場電気ドットコムが全て代わって対応させていただきます。皆様は、私達が新電力から取ってきたお見積もりを見て、最適な新電力会社を選ぶだけで良いのです。もちろん私達への手数料などは、一切必要ございません。手続きに必要な書類も、ほんの2~3枚です。

ただし一つだけご注意していただきたい事がございます。お客様が現在の電気会社との契約を解除する場合、違約金などが発生する可能性がございます。例えば一定期間内の契約切り替えには違約金などが発生する、という条件が課せられている場合です。このような場合もございますので、新電力に切り替えをする前には、現在の新電力会社との契約内容を、良くご確認いただきますよう、お願いいたします。

リスクが無い

工場などの電力自由化は既に2000年から始まっています。既に18年も経っているわけですから、そこには当然のことながらノウハウが蓄積されています。トラブルや障害などへの対応も、十分経験しているし対策済みだと考えるのが妥当でしょう。また新電力自体に何かトラブル、例えば倒産や経営危機など、があったとしても、そこは各地方電力会社が電気を供給してくれるというサポートの仕組みも、既に出来上がっています。

電力切り替えといいますが、送電線などは従来のものをそのまま利用しています。また各新電力が発電した電気も、一旦は全て変電所に集められますので、新電力に切り替えたところだけ質の悪い電気が来るというような事も、決してございません。工場の機械などは、今までどおりお使いいただく事が可能なのです。

他の工場に差をつける事が出来る

新電力制度がスタートしてから、そこそこの時間が立ちました。しかし普及率では、まだまだのようです。

経済産業省:電力への累計スイッチング率(低圧)が10%を超えました

一般家庭向け(低圧)における新電力への累計スイッチング率が、本年3月(平成28年4月の小売全面自由化以降、約2年間)に、はじめて10%(件数ベース)を超えたことが明らかになりましたので、お知らせいたします。

これは家庭用の低圧電気のデータですが、普及率10%とはまだまだ少ない数字です。工場や町工場などの企業向けは、もう少し早くからスタートしているので、普及率はもう少し高いと思われますが、いずれにしてもかなり低い数字であるだろう事は予想できます。

という事は他の工場や町工場などもまだ新電力に切り替えていないわけですから、そこで今のうちに電力切り替えをしてしまえば、それらの工場に差をつける事が可能です。これから2020年の東京オリンピックに向けて、電気代はまだ上がっていくだろうと予測されています。また消費税率のアップも控えております。今のうちから新電力に切り替えてコストダウンをすることで、電気代の値上げがあったとしても十分な蓄えと対策が可能なのです。

まとめ

新電力への切り替えは、国が法律によって定めた制度です。また地方電力会社などもサポートをするように、義務付けられています。電気代を安くすることは、私達にとって当然の権利ですし、リスク無く行うことが出来るのです。それであれば、今のうちに電気代を安くしておいた方が、断然いい事であるのは間違いありません。

また2019年には消費税が10%に上がる予定となっています。であれば尚更、今のうちに電気代を下げておいた方が、良いのでは無いでしょうか。

少しでも新電力切り替えでのコストダウンに興味がある方は、工場電気ドットコムまでお問い合わせください。お問い合わせ、お見積もりは当然無料です。


TEL:045-465-4257 FAX:045-465-4258

TEL 045-465-4257
FAX 045-465-4258

簡単見積もりのご依頼はこちらから メールでのお問い合わせはこちらから