工場、町工場の電気代金値下げ・削減に自信があります。

工場電力ドットコム
電気料金値下げの簡単見積もりはこちらをクリック 電気料金値下げのお問い合わせはこちらをクリック お問い合わせ(完全無料)はこちら

電力コラム » 電力自由化・新電力

台東区の工場に知ってもらいたい電力自由化のメリット・デメリット

2018年6月7日 公開

カテゴリー:電力自由化・新電力

台東区について

東京の台東区といえば、浅草などの古い町並みが有名ですね。実際台東区は江戸時代から続いてる、東京でも古い市街地の一つになります。また明治になると、美術館や博物館などが多く建造されているのが特徴となります。

台東区の産業ですが、靴やカバン、ベルトなどの皮革関連といったファッションに関係あるものが多く製造されているのが特徴となります。他にも貴金属や宝石類に代表されるジュエリー関係の製造業、また変わったところでは玩具関連の製造業などの工場が多くあります。

まさに「下町」というイメージがつきまとう台東区ですが、上に書いたように多くの工場や町工場などがあります。今回はそんな台東区の工場・町工場の皆さまに、新電力による電力切り替えのメリットとデメリットについて、書いていきたいと思います。

電力切り替えのメリットについて

さて従来の地方電力会社から新電力会社に切り替えることでの最大のメリットは、なんといっても電気代が安くなるということでしょう。特に現在高圧電気を利用されている工場や町工場、ビルやクリニック・レジャー施設などの場合、新電力へ切り替えることで、あくまでも概算ですが、8%程度も電気代が安くなります。8%と簡単に言いますが、年間で換算するとおよそ一か月分の電気代が節約できる、という事になります。

電力が自由化されたため、今までご利用されていた地方電力会社以外にも、自由に電気会社を選択することが出来るようになりました。中には電気代が安くなる以外にも、様々なサービスやポイントサービスなどが受けられるプランも出てきています。こうした電力自由化によるメリットは、どんどん活用していきたいものですね。

電力切り替えのデメリットについて

では新電力に切り替えることでのデメリットは、一体何があるでしょうか?中には新電力に切り替えることで、今までどおりに安定した電気が使えなくなってしまうのでは無いか?とご心配されている工場の方もいらっしゃるかもしれません。でもご安心ください。今までの地方電力会社の利用をやめて新電力会社に切り替えても、今までどおりの質の電気を使う事が出来ます。また停電が増えてしまうような事は、一切ありません。電力を切り替える事でのデメリットは無い、と断言してしまってもいいでしょう。

あえて言えば、切り替えた新電力会社が倒産や経営破綻する場合が少なからずあります。しかし新電力会社が倒産した途端に電気が使えなくなってしまう、というような事はありません。しばらくの間は、従来の地方電力会社から電気が回されます。またもし新しく契約した新電力会社になんらかの経営上のトラブルが発生しそうな場合、その情報を私たち工場電気ドットコムは、すばやくキャッチする態勢を整えています。ですので事前に経営情報をすばやくキャッチし、もし経営破綻などが起こりそうであれば、その事をすばやく工場の皆さまにお伝えいたします。その上で新しい電気会社をご提案させていただきます。どうぞご安心ください。

最後に

工場電気ドットコムでは、工場の皆さまが「安心・安全」に電気を使えるよう、あらかじめ多くの新電力会社を徹底的にリサーチいたしました。その上で誠実かつ堅実な新電力を選定し、皆さまにご提案しております。電気のことは、私たち工場電気ドットコムにお任せください。工場電気ドットコムは、あなたの電気のパートナーです。


TEL:045-465-4257 FAX:045-465-4258

TEL 045-465-4257
FAX 045-465-4258

簡単見積もりのご依頼はこちらから メールでのお問い合わせはこちらから