電話 045-465-4257
節電の相談する

製造業・工場・企業の節電はお任せください

工場電力ドットコム
電話 045-465-4257
節電の相談をする

電力コラム » 電気製品

今のうちにチェック!クーラーや扇風機のお手入れ方法

2021年9月6日 公開

カテゴリー:電気製品

9月になってすっかり涼しくなりました。クーラーや扇風機使わなくなった、という方も多いのでは無いでしょうか。今回はクーラーや扇風機のお手入れ方法について、調べたいと思います。

クーラーのお手入れ方法

まずはクーラーです。クーラーのお手入れで一番大切なのは、フィルターです。フィルターをしっかりとお手入れしておけば、来年暑くなってから慌てることはありません。フィルターはクーラーのカバーを外すとすぐにあります。まずはフィルターを取出して、表面についている大量のホコリを、掃除機などで吸い取ってあげましょう。それでも取れない汚れについては、フィルターを水洗いする必要があります。水洗いをした後はフィルターを日陰でしっかりと干してあげる事が大切です。

クーラー本体の汚れは、雑巾に中性洗剤などを薄めた物を染み込ませて、拭き取るようにしてください。特に風の吹出口などは念入りに行いましょう。その後乾いたフィルターを元通り取り付ければ完了です。しばらく送風などをして、内部の水分を乾かすことも大切です。

どうしても取り切れない汚れなどがある場合は、電気屋さんなどにお願いして、メンテナンスをしてもらいましょう。自身で内部の掃除をすると壊す危険性がありますので、プロにお願いするのが確実です。

扇風機のお手入れ方法

続いて扇風機です。まずは扇風機を分解します。そしてそれぞれのパーツを、中性洗剤を染み込ませた雑巾などで、丁寧に拭いてあげましょう。どうしても取れない汚れなどがある場合には、水洗いもしくは中性洗剤の入った水などにつけ置きしましょう。

その後水分をしっかり拭き取り、日陰で完全に水分が無くなるまで干してあげます。完全に水分が無くなったら、箱に入れて来年までしまっておきましょう。

最後に

扇風機のお手入れは比較的簡単なのですが、クーラーやエアコンなどは電子機器が入っているため、内部の掃除を行うには分解するしかありません。しかし素人が分解しようとすると、故障の原因になってしまいます。分解などが原因での故障は、保証の対象外となってしまいますので、くれぐれもご注意ください。どうしても取れない汚れがある時には、専門家に頼むのが一番です。

ご相談をいただいた工場の90%が、
大幅節電に成功いたしました。


完全無料でご相談・お問合せ・お見積りを受け付けております。

TEL:045-465-4257

TEL 045-465-4257

無料で電気料金の見積りをとる 無料で電気代の相談・問い合わせをする 節電の見積りをとる 節電について相談する