電話 045-465-4257
無料で相談する

製造業・工場・企業の電気代削減は工場電気ドットコムにお任せください

工場電力ドットコム
電話 045-465-4257
無料で見積りをとる 無料で相談する

電力コラム » 電気

手続きを忘れずに!引っ越し時の電気の注意点とは?

2020年2月24日 公開

カテゴリー:電気

まだまだ寒い日もありますが、春がもうすぐそこに来ています。そして春といえば引っ越しシーズン。この工場電気ドットコムをご覧になっている方の中にも、新しい地域に引っ越しをされる方もいらっしゃるかもしれません。ところで引っ越しの時にも色々と電気のトラブルが発生しやすいので、注意が必要です。今回はそんな引っ越しの時の電気トラブルについて見ていきたいと思います。

電気利用手続きのトラブル

引っ越しでの電気トラブルというと真っ先に思い出すのが、電気利用手続きについてのトラブルでしょう。新居に引っ越しても手続きをしていなかったために電気が使えず、真っ暗な状態で住むことになったり、逆に古い家で電気利用を解約するのを忘れてしまい、使っていない電気料金を請求されたりと、とにかく気をつけないとなりません。これはもうとにかく、忘れずに電気業者との契約をしておくしか防ぎようがありません。

しかし新居での電気の利用申込みを忘れてしまっていても、実は従来型の電気メーターを利用している場合、ちょっとしたことをすれば電気自体は利用できるようになっていました。ある意味「裏技」とも言うテクニックでしょう。しかし現在では電気メーターがスマートメーターという最新型に変わったために、そうしたテクニックは一切利用できなくなってしまっています。スマートメーターでは遠隔操作が可能なので、電力会社側で電気の供給を完全にコントロール出来てしまいます。しかしそれは逆に言うと、手続きさえ行えばすぐに電気が利用できるようになる、という事でもありますので、やはりすぐに電気利用の手続きを行うのが最善だと言えるでしょう。もちろん一番理想的なのは、引越し前にあらかじめ手続きを終えておくことですが。

そして逆に退去する家での電気利用停止手続きも必要となります。こちらは遅くとも退去の1週間前までには利用停止手続きを行っておくほうがいいでしょう。あまりに早いタイミングでは、引っ越しの日程などが変わってしまうこともあるかもしれませんので、その辺りはしっかりと日程が決まってから手続きをするようにしてください。

この時にガス栓や水道などの停止作業への立ち会いが必要なこともあります。タイミングによっては電気が全く使えない部屋で、立ち会いまで数時間待たないといけない、という事態も発生してしまいます。ガス、水道などの立ち会いが発生するのかどうかもあらかじめ調べておいて確認した上で、電気の利用停止手続きを行いましょう。

関東と関西での周波数の違い

この工場電気ドットコムでも何度か書きましたが、実は関東と関西では電気の周波数が違います。静岡県の富士川の辺りを境にして、東側が50Hzの周波数、西側では60Hzの周波数が利用されています。そして周波数が違う、という事はまさに「電気の質」が違うということになります。関東で使っていた電気器具を関西に持っていく、またはその逆に関西で使っていた電気器具を関東に持っていって使おうとすると使えない事があったり、場合によっては発火などの事故が発生したりする可能性があります。

この周波数の違いは日本で最初に発電が始まった時からの名残なのですが、もし事故などが起きるようでは関東から関西に、あるいは関西から関東に引っ越す際には家電製品などを全て買い換えないといけないのでしょうか?

昔はまさにその通りで、家電製品を買い換えないとなりませんでした。しかし近年特に2000年代になってからは50Hzでも60Hzでもどちらでも利用できる方式の家電製品が増えてきています。よほど古い家電製品などで無い限りは、特に買い換える必要は無いでしょう。

それでも心配な方もいらっしゃるかと思います。そこで見分け方をお教えいたします。家電製品の説明書、あるいは本体に「50 / 60Hz」「インバータ」という記載があるものは、50Hzでも60Hzでもどちらでも利用可能です。安心して引っ越しの時に持っていってください。しかし「50Hz専用」「60Hz専用」というように書かれている場合は、どちらかの周波数専用となっています。このような家電製品は対応外の周波数では事故を起こす可能性がありますので、引っ越しの際には処分するようにしましょう。

電気の料金プランを見直す

引っ越しの際には上にも書きましたように、現在契約をしている電気の利用停止を申請して、新居では新しい電気の利用を申請しないとなりません。しかし引っ越しの忙しさからとにかく電気だけ使えればいいと選んだ料金プランが、今までよりも高い電気代になるプランだった、ということも十分考えられます。面倒くさいように思いますが、逆に考えると新しい電気プランに見直すチャンスでもあります。思い切ってより安くなる電気プランに切り替えるのもいいかもしれません。

その際には様々な条件などを考慮する必要があります。また新電力も数多くありますし、電気プランも更に多くの数が存在します。かなり面倒な作業になりますが、じっくりと比較していくことが大事でしょう。

最後に

私達の生活にはもはや電気は不可欠です。引っ越しの際にも、新居に入ってすぐに電気を利用できないと、なかなか安心できないことでしょう。そうした事態を防ぐためにも、最低限新居での電気利用手続きだけは、忘れないようにしておきたいですね。

ご相談をいただいた工場の90%が、
電気代大幅値下げに成功いたしました。


完全無料でご相談・お問合せ・お見積りを受け付けております。

TEL:045-465-4257 FAX:045-465-4258

TEL 045-465-4257
FAX 045-465-4258

手数料無料で電気料金の見積りをとる 無料で電気代の相談・問い合わせをする 電気料金の見積りを無料でとる 相談・問い合わせを無料でする